ヘルペスには色々な種類がある

口唇ヘルペスは、単純ヘルペスウイルス1型に感染している人が発症するヘルペスのひとつですが、日本人の約1割は口唇ヘルペスを発症したことがあるといわれるほど、多い症状です。
一度口唇ヘルペスを発症すると、疲れがたまったり、身体が弱ったりしているときに何度も口唇ヘルペスを繰り返す人も多いようです。
一般的にヘルペスには色々な種類があるといわれています、ヘルペスは、大きく、アルファヘルペスウイルス亜科、ベータヘルペスウイルス亜科、ガンマヘルペスウイルス亜科の3つに分けられます。
アルファヘルペスウイルス亜科は、単純ウイルス属の単純ヘルペスウイルス1型と単純ヘルペスウイルス2型、水痘ウイルス属の水痘・帯状疱疹ウイルスがあります。
ベータヘルペスウイルス亜科は、サイトメガロウイルス属のサイトメガロウイルス、ロゼオロウイルス属のヒトヘルペスウイルス6とヒトヘルペスウイルス7があります。
そして、ガンマヘルペス亜科は、リンフォクリプトウイルス属のEBウイルスと、ラジノウイルス属のヒトヘルペスウイルス8があります。
単純ヘルペスウイルス1型は、口唇ヘルペスに代表されるように、口をはじめとする顔のいたるところや、腕や腹部などの上半身のいたるところに発症します。
単純ヘルペスウイルス2型は、性器ヘルペスに代表されるように、下半身に発症しやすく、おしりや太ももにも発症します。
水痘・帯状疱疹ウイルスは、水痘にかかった人なら誰もが持っている水痘のウイルスが、加齢や免疫力の低下とともに現れ、発症するヘルペスです。
以上の3つが一般的に感染する患者さんが多いヘルペスウイルスといわれています。
そのほかでは、ヒトヘルペスウイルス8に代表される病気として、エイズ患者が発症するカポジ肉腫などが有名です。
治す時には、医薬品 ネット販売もしてますので、誰にも知られずに買えることができます。

<詳しくはコチラ>
バルトレックス 水疱瘡
バラシクロビルのおすすめ治療薬