ヘルペスを治療ドットネット

ヘルペスには色々な種類があり、発生する箇所もそれぞれに違います。正しい知識を身に付けて治療を行いましょう。

マイコプラズマ肺炎やヘルペスの自宅検査とは

他人からうつされることの多い感染症にはさまざまな種類がありますが、たとえばマイコプラズマ肺炎などとよばれるものは、かわいた感じのしつこい咳がいつまでも続くという不快な症状が特徴のもので、マイコプラズマとよばれる、ウイルスと最近の中間のような大きさの病原性微生物の感染によるものとなっています。
マイコプラズマ肺炎のような病気では、咳の症状などのほか、外見からわかるような明確なサインがないため、病院であれば胸部エックス線検査の画像などから診断することになります。
最近では病院に行くだけの時間がない人などのために、自宅検査ができるキットも開発されており、主にインターネット経由で直接販売元から購入し、自宅検査キットを送付してもらい、検体を入れて送り返すようにすれば、数日程度で検査結果がわかるという流れになっています。
この自宅検査キットでは、マイコプラズマ肺炎のほかにも、さまざまな病気の感染が確認できますが、同じ感染症であっても、ヘルペスの自宅検査キットは取扱いが限られているようです。
ヘルペスというのは、口元や性器の周囲などの場所に、小さな水ぶくれができて、かゆみや痛みがあるという病気であり、これはヘルペスウイルスというウイルスへの感染が原因となっています。
この病気については、水ぶくれの部分にウイルスが集まるようになっているため、自覚症状がない潜伏期間の段階では、そもそも検体としてウイルスを採取することが難しい上、水ぶくれができてからでは、あきらかに病気と判断されるため、あまり自宅検査をする意味に乏しいということもあるのです。
ただし、ヘルペスの自宅検査キットがまったく開発されていないわけではなく、少数の販売元では取り扱っています。